地域貢献活動

【受賞】第10回かながわ子ども・子育て支援奨励賞

バス停留所「見晴交番」への上屋とベンチの設置

弊法人は、弊所に通所する児童ら及び地域にお住まいの方々からのお声をうけ、橫浜市長などに対し、バス134系統バス停「見晴交番」への雨及び日差し除けのための上屋とベンチの設置を要望しています。

障害児は、訓練すれば、単独で公共交通機関を利用して移動(通学等)することができるようになります。
(騒いだりせず、他のお客様の迷惑になりません)
それは、障害児の将来の自立(就職、余暇の充実等)に繋がる大きな要素です。

しかし、そのためには、環境整備が必要です。
現在、我が子の将来のために自立通学通所訓練を開始したくても、上屋のないバス停にてバスを待たせることに不安をおぼえ、躊躇されている保護者の方もいらっしゃいます。

今、ノーマライゼーション(共存社会)推進のための政策が、地方自治体及び国家レベルで多数進行しています。
「見晴交番」は、単なる停留所ではなく、「特別支援学校の最寄りの停留所」です。
スクールゾーン(学校から半径500メートル以内、交通安全対策強化ゾーン)でもあるため、なんらかの方法がないのか、調査及び呼びかけを進めて参ります。


【ご寄付を受け付けております】

みずほ銀行
橫浜中央支店(290)
普通預金 1384919
特定非営利活動法人グランマwithPLUS
(トクテイヒエイリカツドウホウジン グランマ ウィズプラス)

障がいをもつお子様をおあずかりしています(要受給者証)


NPO GRANDMA
Hasegawa Bldg. 2nd Floor, 7-14

Powered by Flips
編 集